川崎市川崎区の幼稚園

ふたばの保育

川崎ふたば幼稚園の保育の想い・考え方をご説明します。少し長い文章ですが、ふたば幼稚園をご理解いただくためにお読みくださると幸いです。

気持ちを受け止める

 

一人ひとりの気持ちを受け止め、共感する。
保育はそこから始まります。
入園当初、新しい環境に戸惑い、お母さんから離れたくないのは当然です。
その気持を突き放すのではなく、受け止めます。
するとだんだんと幼稚園の環境に慣れ、先生や友だちと遊ぶのが大好きになっていきます。

子どもたちはみんなちがう感性を持っています。好きなもの、嫌いなもの、得意なこと、苦手なこと・・・

それを見出し、理解し、引き出し、伸ばしてあげるのが保育です。
子どもが主役です。子どもたちにとって「うれしい」環境を作ります。

Arrow
Arrow
寂しい気持ちを受け止める
Slider

 

集団の力を信じる

 

幼稚園の子ども集団の中では、泣いたり叫んだり叩いたりでは相手にわかってもらえません。だから一生懸命分かってもらえるように自分の主張を表現するようになり、同時に相手の主張もわかろうとするようになります。
「わかってもらえた、わかることができた」という経験は「生きる力」につながっていきます。
もちろんそこに教育のプロである教師がいることで、しっかりと育っていくのです。
ふたばの子どもたちはいっぱいおしゃべりをします。一生懸命におしゃべりをします。

Arrow
Arrow
やあ!
Slider

 

思いやりを育てる

 

大人が「思いやりを持ちなさい」と言えば思いやりは育つのでしょうか? そうすれば一見「思いやり」の行動をするでしょうが、意味がわからず大人にほめられるためにするだけです。
本当の思いやりは子ども同士のぶつかり合いや助けあいといった「関わりあい」から生まれてくるものです。
周囲の大人や友達から優しくされれば、その子は周囲に優しくなります。ハンディキャップがある友達にも、「同情」ではなく「尊重」の気持ちを持って接します。
ふたばの先生たちは本物の思いやりが育つ集団を作ることを目指しています。

Arrow
Arrow
楽しいから、思いやれる
Slider

 

やる気を育てる

 

幼児期に小学校の勉強を先取りしても、やる気や好奇心は育ちません。
ふたば幼稚園には「歯ごたえのある環境、取り組み」がたくさんあります。また、年少・年中さんは年長さんというお手本に憧れて、チャレンジしていきます。それが「やる気」の源です。
それが小学校での原動力になり、おとなになってもずっとチャレンジしていく人間に育つのです。

Arrow
Arrow
がんばる!
Slider

 

 

自由な遊びとみんなでする活動

 

幼児期は、小学校のようなお勉強で育つ時期ではありません。主体的で自由な遊び・実体験を通して成長していきます。ふたば幼稚園では自由な遊びにたっぷり時間をさいています。ひとりひとりのお子さんの様子や興味・関心を受け止めながら、子ども集団の中から遊びが生まれ、発展しやすい環境を用意することを大切にしています。
また、遊びが煮詰まらないよう、好ましい方向に行かないよう、先生たちは見守りアドバイスをし、また、刺激を与えたりします。

自由な遊びとともに、みんなでする活動も大切。
みんなでする活動は「訓練」とか「指導」という言葉を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。でもふたば幼稚園の活動は違います。
たとえば、入園したてのお子さんはハサミをうまく使えません。全く使えないか、直線は切れるけれど曲線は切れないお子さんが大多数です。そういうお子さんが自由な遊びの中でハサミを使っても、自分の思い描く形を切れません。するとそのお子さんはハサミを使うのが嫌になってしまいます。
そこで、みんなでする活動でハサミの使い方を知ってもらいます。曲線を切ったり細かく切ったりすることができるようになったお子さんは、自由な遊びの中で楽しくはさみを使うようになるのです。
みんなでする活動は、自由な遊びをより豊かなものにするために行っているのです。

みんなでする遊びをよく表しているエピソードがあります。よろしければご覧ください。
エピソード

お問合わせはこちら TEL 044-277-6533 平日 9:00 - 17:00

PAGETOP
Copyright © 川崎ふたば幼稚園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.